子供服 ファッションデザイナー 求人

子供の暮らしぶりまでマスターしたいですね。

子供服 デザイナー

 

ベビーからトドラーまでの年齢の子供服は、ここ数年目覚ましい勢いで人気となっています。

 

特にブランドものの子供服が人気で、子供の数が少なくなっているにも関わらず、子供にかけるお金が増えているため、子供服は今後も成長する分野として注目されています。

 

子供服のデザイナーは単にデザインだけの問題ではなく、子供の暮らしぶり、すなわち子供たちのライフスタイル全体を理解することがとても大切です。

 

一年を通じて子供服をデザインしてビジネスとしてまとめていくためには、子供の生活全般を理解しておくとよいと思います。

 

ファッションデザイナーご自身に子供がいなくてもよいと思いますが、近所や親戚の人で身近に観察できる子供がいた方が、デザイナーとして幅広い視野がもてるようになると思います。

 

フランスの高級子供服ブランド「ボンボワン」のアーティスティック・イナモラートさんも似たようなコメントをされています。
ボンボワン
>実は、大人の服と子供の服、そんなに分けて考えていないの。色、素材、カッティング……すべて大人と同じ発想なの。でも、子供服ではシルエットは重要ね。子供はよく動くので、動きやすいシルエットというのはマスト。あとはとにかくディテール。かわいらしさやユーモアをディテールで表現することで、グンと子供服ならではの遊び心がきいたデザインが完成するのよ。
(http://www.elle.co.jp/maman/pick/Bonpoint15_0119)

 

子供服作りには、デザイン性はもちろんのこと、アクティブに活動するという子供ならではの特徴をよく理解した上でのデザインが必要のようです。

 

子供服のデザイナーの求人情報の探し方・見方

 

子供服のデザイナーの求人はかなり少ないので、

 

求人情報を見つけたら、とりあえず応募の準備をする!

 

ぐらいのフットワークがあるとよいと思います。

 

子供服のデザイナーには粘り強く仕事をする姿勢が特に大切となるので、「じっくり腰をすえてデザインの仕事ができる」ことをうまくアピールできるとよいと思います。

 

ユニクロのキッズ向けデザイナー募集の求人情報はこんな感じです。

 

ユニクロ デザイナー 求人
この求人が少し変わっているのは、『研究開発部門でのキッズ向けデザイナー』ということですね。

 

研究開発部門ということは、

 

・キッズ向けのアパレル商品のデザインをいろいろと考えることができる
・実験的なデザインを考えて試作品開発ができる環境がある

 

ようです。

 

しかし、ユニクロ級の大手アパレルメーカーのデザイナー求人情報はそう簡単にはみつかりません。

 

このサイトにアクセスいただく時の検索キーワードの上位はこんな感じになっています。

 

オンワード デザイナー 求人
OPAQUE デザイナー
三陽商会 求人
23区 デザイナー 求人
トゥモローランド ファッションデザイナー 求人

 

子供服デザイナーの求人情報がなかなかみつからない場合は、当サイトでお勧めしているファッション業界専門の転職エージェントに相談するとよいと思います。

 

転職エージェントっていうとなんとなく抵抗があるかもしれませんね。。。

 

私も最初はそうでしたから(笑

 

ファッション業界専門の転職エージェントをおすすめする理由は2つあります。

 

●一般的には出ていない「非公開求人」から、あなたのこれまでの経験や今後の希望に応じた最適な求人を複数提案してくれます。

 

●選考を受ける会社の希望を踏まえた面接準備のアドバイスをしてくれたり、希望者には面接に同席してサポートしてくれます。

 

※転職エージェントが面接に同行することで、受験者に損はありません。「転職エージェントが同席して企業の人と話をする」という感覚です。中途採用では一般的に見られることです。

 

私が利用した転職エージェントは、ファッションデザイナーの求人動向とか企業が求める人材とか、本当にいろいろなことをよく知っていて、アドバイスが非常に的確でした。

 

特にファッション業界専門の転職エージェントだと、子供服のデザイナーに関するキャリアについてもいろいろアドバイスしてもらえることと思います。

 

まあ、無料なので、一度相談してみるのも手かなーと思いますよ。

 

会って、話してみると、本当にイメージがかわります。

 

アパレルの転職に詳しい若い女性との女子会?という感じかなーー(笑

 

私がお勧めするファッション業界専門の転職エージェントはこちらの記事でご紹介しています。
→ ビックリマークファッションデザイナーの求人・転職のコツ

 

子供服のデザイナーの仕事の内容

 

子供服 デザイナー

 

子供服のデザインが婦人服や紳士服と違う点は、

 

サイズ、子供の成長に応じた運動機能、知覚の発達、感受性など子供特有のいろいろなことを理解しておかないといけない

 

ということだと思います。

 

デザイナーの中には児童心理学を勉強している人もいるようです。

 

子供服のデザイナーの主な仕事は、

 

素材選び
色決め
デザイン決定
アクセサリー
雑貨のデザイン、

 

そして最終的な、

 

着こなしのコーディネーション

 

まであります。

 

子供服メーカーによっては、デザイナーがパターンをひくこともあるのでパターンメイキングの技術や知識があると有利になると思います。

 

子供服は一般的に生産枚数が少なくサイズが小さいのですが婦人服を同じ値段では売れないのでコストをおさえて服を作ることがとても重要となります。

 

一方で子供が好きな人にとっては、いくつになっても読けられる楽しい夢のある仕事ともいえます。

 

子供のことをよく理解し、子供が好きで好きでたまらない人に向いている仕事といえます。

 

子供服 デザイナー

 

また、婦人服と違ってひとりのテザイナーが生地からアクセサリーも手がけることが多く、コーディネート全体を総合的に見ることができ、幅広い知識を得られるのが魅力です。

 

服のバリーエーションもコートから水着までと大変多いので、作業としては大変な面もありますが、その分楽しさも多いことと思います。

 

子供服のデザイナーにむく人

 

じっくりとひとつの仕事に腰をすえることができる人、明るく、楽しいものや夢をデサインの中に活かせる人などが向いていると思います。

 

また、やはり、結婚して実際に子育てを経験したことがある人が向くと思います。

 

子供服はデザインだけではなく子供の生活の中でアパレルに必要な機能を考えることも重要ですから。

 

子供服デザイナー

 

子供服の現役デザイナーにいろいろきいてみました!

仕事を選んだ理由

・子供服のポップでカラフルな可愛らしさと、一着に様々な表現ができる部分にひかれました。

仕事の内容

ウェアの刺績絵柄と水着、小物、ニット、おもちゃのデザインなどを考えます。

 

MDから下りてきたシーズンの計画に基づき、ブランドに合わせたデザインを出します。

 

MD、生産管理と価格や展聞日等の情報を共有し、展示会のサンプルを作成。

 

展示会前に社内で検討会があり、お店でコーディネート提案できる商品が揃っているか、配色はシーズンらしさがあるか、ブランドイメ-ジに合っているかなどを徹底して遮求していきます。

仕事を道めるポイント

担当商品が多いので時間を有効に使うことがとても大切です。

 

商品ができ上がるまでには様々な立場の人が関わるので、イメージを共有する為に、デザイン画や生地・サンプルを提出して、完成形が伝わるようにします。

 

また、ただ単に可愛いだけでなく品質も安心できる商品を目指して、試着や洗濯を繰り返す検査をして仕様や材料を決定します。

仕事の面白さ

自分が生み出した商品がお店で売れていると聞いた時は、お客様一人ひとりに、直接お礼を言いたいくらい嬉しかったです。

 

ということで、日々刺激的で楽しい子供服デザイナー。
求人情報の探し方はこちらの記事を参考にしてみてください。
→ ファッションデザイナー求人の探し方のコツ